ヨギボーのへたり具合は、使用頻度など個人差があるので一概には言えませんが、私自身が使用した感じですと、約半年ぐらい使うとちょっとヘタってきたかなと感じました。

下の写真は、さらに時間が経過して購入から約1年後のヨギボーマックスの様子です。
かなりヘタっていることがわかると思います。

私の場合は、おもに週末のみ使用していたのでこの程度のヘタリですが、毎日のように使えばさらにへたりも早くなるはずです。

 

日本のビーズソファの問題点

日本のビーズソファがへたりやすいのはカバー構造に問題があるとの指摘があります。

面によって固い面、伸びやすい面があって座りやすいのには違いないのですがこの構造だとへたりやすいのです。ヨギボーは360度どの面も同じように使えるのが特徴。カバーもしっかりしています。

 

ヘタってきても大丈夫!ヨギボーはビーズが補充できる!

たいていのビーズソファは、使い捨てといった感じでビーズの補充ができないものがほとんですが、ヨギボーの場合はへたりを感じたらビーズを補充することができます!
(⇒無印のビーズクッション

 

補充用ビーズの種類

補充用ビーズにもいくつか種類があります。

  • 補充ビーズ(3000g)
  • 補充ビーズ(1500g)
  • 補充ビーズ(750g)

 

補充する量の目安

補充するビーズは、1回どのぐらい必要なのでしょうか?

目安としては、ヨギボーマックスの1回の補充に約1000gのビーズを使用します。そのため余ったものは次の補充まで保管といった形です。

そのため、価格面では3000グラムを購入した方がお得です。

ただし、補充ビーズを置いておくスペースを考慮する必用があります。

私の場合は、補充ビーズを置いておくスペースがなかったことと、そこまで補充しなくても大丈夫かなと考え、「補充ビーズ(750g)」を購入しました!

ヨギボー補充ビーズ体験レビューはこちら >>

 

Yogiboの保証について

カバーは1年は保証があるので通常使用で破れたりすれば無償交換してもらえます。

保証範囲はアウターカバーの縫い目の破損、ジッパーの破損です。使える状態の場合は自宅で洗濯して使う形になりますね。保証の範囲外での生地の破損は修理になります。2500円の振り込み完了後にカバーを本社に送ります。修理不可能になれば交換用カバーを購入します。

 

リペアサービスで楽チン

また、自分でお手入れするのが面倒という方には店舗に持ち込む形にはなりますが、リペアサービスもあります。カバーのクリーニングとビーズの補充をおまかせできます。自宅でするとうっかりビーズをこぼしてしまったりして苦労しますが、プロにおまかせすればラクチン

です。

rapair_max

目安としては1週間程度で仕上がりですが、混雑の具合によって変わるので店舗に確認してください。最近は、店舗が増えてきましたので、近所に店舗があるという方も増えてきたのではないでしょうか?

 

買い替えも考慮した方が良い!

自分でお手入れするにしても、リペアをお願いするにしてもそれなりのコストがかかりますね。

ヨギボーの状態次第では買い替えた方がいいこともあるかもしれません。お手入れの仕方がわからない場合は問い合わせダイヤルかメールであらかじめ問い合わせておくと便利です。

 

公式サイトにも写真付きで方法が説明されています。