ヨギボーのカバーは自宅で洗えます。

ただし、他の洗濯物と一緒に洗うとひっかかったり色落ちしたりすると困りますので(かなり濃いカラーもありますから念のため)別に洗う
方が無難でしょう。洗う時もおしゃれ着洗いを洗う要領で一番弱いモードでと公式サイトでも書いてあります。

 

乾燥機は一番低い温度で、干すときも日陰で干してください。アイロンは禁止とあるので熱には弱いのかなと推測されますね。

60度以上で中のビーズが変質するという表記もあります。いくら丈夫とはいっても乱暴に洗っていいというわけではないのです。洗うたびにソファのへたりが少し改善されます。とはいっても1週間程度ではありますが、汚れが気になったときに洗えばいいと思います。

 

ヨギボーがへたってきたら補充ビーズで補充

yogibobeezカバーを洗ってもへたりがなおらない場合は別売りの補充ビーズを補充するといった形になります。リペアサービスを利用した場合はヨギボーがカバーを洗濯専門業者に出して、ビーズを補充してくれます。

⇒Yogibonoへたりについて

 

カバーの保証はアウターカバーのみ。縫い目やジッパーが通常使用で破損した場合に交換となり、それ以外のやぶれは残念ながら修理という扱いになるんですね。

ペットや子供がしつこく引っ張って破れたなんていうのは保証対象外になるのでご注意ください。

 

もちろん洗濯の際に洗い方を間違えて破れたというのも自己責任になります。弱で洗うことを忘れずに。判断に迷う時はヨギボーに問い合わせてみましょう。

 

ヨギボーも以外とデリケート?

アメリカでその丈夫さと伸縮性で特許を取っているというのでよほど頑丈なイメージがついてしまっているカバーですが、こうして細かい点をみてみると思ったよりデリケートなものですね。

今までのカバーよりは若干へたりにくいですが、洗濯に関しては丁寧にお願いしたいものです。耐水カバーのズーラシリーズも基本的に同じ洗い方です。耐水性があるとはいっても、外で少しくらい雨が降っても平気な程度で意図的にプールなどに浮輪代わりにすることはできません。

注意点を守って長く使っていきましょう。

 

関連記事

Yogibo(ヨギボー)を購入する前に必ずチェックする3つのこと!
Yogibo(ヨギボー)は楽天やAmasonでは購入してはいいけない理由とは?
Yogibo(ヨギボー)のへたりはいつ頃感じる?ヘタったらどうすれば良い?
Yogibo(ヨギボー)は送料が高い?
Yogiboが口コミでの評判が良い本当の理由とは?